翻訳対応言語
ヒンディー語 [hɪndiː]
主な地域:インド
インド ヒンディ

ヒンディー語に関して

 ヒンディー語はインドの公用語である。英語、中国語に次ぐ世界で三番目に多くの人に話されている言語である。しかし、WEB上ではヒンディー語を利用する人は少なく、インドと同じく人口が10億を超す中国は2位に浮上したのに対してヒンディー語は10位にもランクされていない。 これは、インドにおいてインターネットへ接続が可能な人々は人口に対して少ないことや、インターネットに接続可能な人々は主に英語を用いる傾向にあるためである。
インターネット利用者(100人当たり):10.72人
インターネット契約者数(100当たり): 1.13人
http://www.jpf.go.jp/j/about/survey/basic/india/1-1.html

インドのソフトウェア産業で中国と協力

 インドのソフトウェア産業は世界でもトップレベルであり、中国への参入も積極的である。なぜなら中国には巨大なソフトウェア内需市場があり、インドにとっても新しい魅力的市場である。
またインド側にとって、中国の豊富な専門人材や安い人件費は開発コストをおさえ。中国側にとって、インドの企業管理、品質管理などのノウハウを吸収できることは品質の向上や納品期間の短縮になるため、中国とインドがソフトウェア産業での協力は双方の利益に繋がる。インドではヒンディー語が話されるため、時として契約時にヒンディー語翻訳と中国語翻訳にが必要になるときもある。企業間のメールのやり取りを始め契約書作成、商品説明、作業手順のマニュアル作成などヒンディー語と中国語間の翻訳が必要な際はぜひ当社までご連絡ください。
参考資料

 

中国製品がインドで大人気

 インドの輸入貿易相手国の1位は中国である。輸出相手国でも中国は3位に上り下記の表からもインドと中国の関係は緊密化していることが分かる。インドから中国への輸出製品は主に鉄鋼石や綿織物で輸入製品は電気製品、有機化学品、絹糸などである。中国の製品はインド製品よりも安くて品質が良いためインド国内では中国製品が人気である。インドではヒンディー語で表示されるため商品の紹介、商品の取り扱い方などヒンディー語翻訳と共に中国語翻訳も必要である。   

 

2005

2006

2007

増加率

輸出

6,758.10

8,288.40

10,787.20

30.1

輸入

10,866.50

17,448.90

27,093.80

55.3

http://www.jetro.go.jp/world/asia/in/stat_02/
 
当社ではヒンディー語と中国語翻訳のを扱っております。
詳細は翻訳コンサルタントまでご連絡ください。

 

翻訳対応言語一覧