翻訳対応言語
英語 [English] 中国語翻訳
主な地域:イギリス、アメリカ etc.
インド ヒンディ

英語に関して

英語は国連公用語に指定されており世界80各国で話されている言葉である。アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、シンガポールなど英語を母国語として用いている国は数多く中国語に続いて多くの人に話されている言語である。漢訳では英吉利と訳される。

観光分野では英語と中国語が必需

英語は世界共通語といわれているが人口13億人の中国市場に目を向けると中国語もおろそかにはできない。中国国家観光局の最新データは今年1月から4月までに中国大陸部に観光で入国した外国人は延べ673万9千人で、昨年同期から21.82%減少したと報告している。一方、同時期に海外に観光で出国した中国人は、昨年同期比4.64%増で約1587万5千人に達している。中国人の海外旅行者は昨年一年だけで約4600 万人におよび、前年から12%近く伸びている。
米領事館のデータによれば昨年、米国に赴いた中国人観光客は約40万人にのぼり、前年から23%も増加した。アメリカへの入国が最も早く伸びているのが経済発展の著しい中国だ。買い物額でも日本を抜いてトップに踊りでた。中国人富裕層が米国へ旅行に出かけアメリカの消費額に貢献している。今やアメリカにとって中国からの観光客は大事なお客様になる。ホテル、レストラン、観光地、お土産グッズなど観光客相手のサービス全体に英語からの中国語翻訳、通訳が欠かせない。たとえば商品説明、ホームページ広告、看板、メニューなど中国語で表示するなら中国人の目を引き付けることができる。
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY200907020206.html

英語圏で中国語がブーム

 中国人留学生の留学先はイギリス、アメリカ、オーストラリアなどの英語圏が多い。2008年末データによるとオーストラリアには中国人留学生が12万7000人でイギリスを抜いて中国人留学生の2番目の目的地に挙げられている。オーストラリア国内の外国人留学生の23.4%を占め第1位の多さである。オーストラリアの良好な語学環境と国際的な教育制度は中国人留学希望者を引き付けている。この中国人の留学がオーストラリアの経済を潤しており昨年は150億オーストラリアドルに達している。また大勢のオーストラリア人が中国や中国文化に興味を持ち中国語ブームとなっている。
中国にはオーストラリア人経営者の会社が数千社あり中国語を学ぶ英語圏の人も増えている。英語を話す人向けに英語翻訳の中華料理、中国の文化紹介、中国語テキストなどの書籍、webサイトは大いに助かる。世界で最も多くの人が話している中国語に加え第二言語として多くの人に話されている英語の2カ国語で翻訳すればグローバル化の極みを尽くす。http://japanese.cri.cn/782/2009/03/20/1s137284.htm

アメリカの世界最大貿易相手国になった中国

 アメリカの世界最大貿易相手国は中国
アメリカの貿易相手国第1位は日本を抜いて中国となった。中国とアメリカ両国の経済・貿易関係は両国の国交樹立後30年間に発展をとげ、貿易額は約100倍拡大した。アメリカの大手企業500社のほとんどが中国に進出しているほど中国各地で大型プロジェクトに投資しており、アメリカは中国への投資に力を入れている企業がもっとも多い国となっている。中国の輸出額が多い国の第1位はアメリカであり、両国ともに貿易経済において依存している。下記は中国におけるアメリカへの輸出額推移である。輸出品目は繊維製品、工業製品が主である。

 

2005年

2006年

2007年

 伸び率

162,891

203,448

232,704

14%

 


単位:100万ドル

英語と中国語の翻訳需要

 ますます緊密化するアメリカと中国の貿易関係に対応するには英語、中国語翻訳の出番である。中国に商談に向かうアメリカ人ビジネスマンにはビジネス書類作成にあたり中国語翻訳は役に立つ。自社の製品説明をするには専門的な機械、金融、医療の知識を兼ね備えた翻訳通訳はビジネスのスムーズ化を促進する。逆にアメリカ人を迎える中国人側にも英語翻訳が必要である。

 

 

当社では英語と中国語の翻訳を扱っております。
詳細は翻訳コンサルタントまでご連絡ください。

 

翻訳対応言語一覧