翻訳対応言語
インドネシア語  中国語翻訳
主な地域:インドネシア etc.
インド ヒンディ

インドネシア語に関して

インドネシア語はマレーシアのマレー語と非常に似ており、互いに通じ合う上に、現在では正書法もマレーシア語と共通である。 比較的学びやすい言語である。

中国とインドネシアの気になる関係

中国人民銀行とインドネシア中央銀行が通貨スクワップ協定を結んだ。この協定は各国の中央銀行同士は外国為替市場が不安定な時に自国の通貨や外貨を売買できるというものである。二カ国間の貿易や直接投資が経済成長を促し金融市場の安定を図ることができる。中国とインドネシアは1000億元(175兆インドネシアルビー)で合意し調印した。金融面と共に貿易面でもインドネシアと中国間で互いに依存している。インドネシアの輸入輸出相手国は共に第二位に中国が挙がっており、2008年度輸出額の前年比伸び率は11.3%、輸入額は12.3%で好調に伸びている。インドネシアの製品が中国語翻訳され中国の店頭に並ぶ。商品の買い付けや商談にはインドネシア語翻訳が介される。両国のビジネスは中国語とインドネシア語の翻訳通訳によって成り立つ。
http://japanese.china.org.cn/business/txt/2009-03/24/content_17495227.htm

中国人ボランティアがインドネシアへ

 インドネシアの国民教育部教育専門局長は中国からの中国語ボランティア教師の働きをねぎらいインドネシア中国大使館で盛大な送別会を行った。すでに第4陣目となる78名のインドネシア中国語ボランティアが招かれた。インドネシア学生の中国語レベル向上に大いに貢献している。2008年にはインドネシア中国語ボランティア教師の赴任協定が5年延長され両国の文化教育交流が発展している。第5陣100名も予定されておりインドネシアで中国語学習に力が入れられている。そうなると中国語や中国文化に興味を持つインドネシア人に向けて紹介するwebサイト、ホームページ、書籍などの需要も高くなる。中国の伝統工芸品、特産物の輸出にもインドネシア語と中国語翻訳の必要が生じる。 http://japanese.hanban.org/content.php?id=1234

 

当社ではインドネシア語と中国語の翻訳を扱っております。
詳細は翻訳コンサルタントまでご連絡ください。

 

翻訳対応言語一覧