翻訳対応言語
フランス語 [France] 中国語翻訳
主な地域:東ヨーロッパ、アジア etc.
インド ヒンディ

フランス語に関して

 フランス語は仏蘭西語とも書き仏語と記される。 文法に関しては名詞に男性詞と女性詞がある。 使用国数は50各国以上にわたる。フランス本土を始めギニア、コンゴ共和国などかつてフランス領土であったアフリカ諸国でも公用語として用いられる。

中国人はブランドがお好き?

 フランスといえばピエールカルダン、ルイヴィトンやシャネルといった有名ブランドが名を馳せる。これらは中国で知名度が高く人気のブランドである。それは中国のニューリッチ達がどんどん力をつけブランドバッグ、ファッション、財布、時計を身につけるようになってきたからである。データによれば中国の奢侈品消費総額が86億ドルで世界総消費額の25%を占めていて、2010年には日本を抜き世界大国に躍り出るとも言われている。この消費の拡大を見込んでフランスにブランド品を買いつけに走る中国人バイヤーも増えている。ルイヴィトン本店には今では中国語が話せる店員がいるそうだ。フランスのブランドショップ、アパレル業界、貿易業界は中国人バイヤーを受け入れるにあたり価格交渉、契約の場で中国語翻訳の必要性を感じている。今後ブランド商品のネット通販なども展開され中国語、フランス語での商品説明が求められる。またパリなどにフランス観光に来る中国人旅行者も観光地、ホテルや店を探すために中国語翻訳webサイト、中国語ガイドブックが必需である。

中国のイマドキ結婚式は紹興酒より赤ワイン

 中国では赤ワインブームが沸き起こっている。結婚式で振舞われるお酒も中国酒から赤ワインに取って代わった。中国は2010年までには赤ワインの消費量が世界10位になると言われている。中国国内でのワインの需要が高まることで、世界の高級フランスワイン相場が値上がるという影響も与えている。 下の表はワイン消費量を表したものである。

2001年

335万ℓ

2005年

410万ℓ

2010年

558万ℓ(推測)

 

 

 

香港経由で輸出されるワインの量が2005年から2006年のたった一年で120%増加した。香港のワインの輸入関税が80%から40%と引き下げられ安いワインが手に入る。現在
ワインの普及率は中国の総人口の5.6%にとどまっているが、以降13億人の中国人の喉を潤すためにはさらに輸入量が増える。そして肥えた口を満足させるためにワインに合う
食材、料理、レストランも充実していくはずである。ワイン、食材の紹介や料理の本の分野での中国語翻訳も欠かせなくなる。香港は広東語を話すため中国語に加えて広東語の翻訳も
必要である。

 

当社ではフランス語と中国語の翻訳を扱っております。
詳細は翻訳コンサルタントまでご連絡ください。

 

翻訳対応言語一覧