教育の最近のブログ記事

日本語の翻訳:7年の日本語学習は経験して五大学習方法を総括します

1.早口言葉の学習法
  日本語はアジアの語族に属して、その発展の過程の中で直接あるいは間接的に中国語の影響を受けるのがわりに大きくて、その最大の発音の特徴は語と文の声調が比較的単純で、平らでまっすぐに主として、普通は首尾が昇降の上がり下がりがあるだけです;英語のそれでは末で大きい昇降の変化がありません。この点と中国語は比較的似ています。第2は日本語の基本的な要素が5段の10行の50かな文字なので、その中の圧倒的部分は中国語の中ですべて同じことのあるいは相似の音素があります。

  そのため、中国の早口言葉を練習して日本語の発音を練習しますについてとても利益があります。その上、早口言葉の自身はいくつか人の発音を是正して問題を点検しませんことができて、多く多く訓練して自然と一人で話をする流暢な程度を高めると言います。しかし、私達は早口言葉を練習して、極端に速いことを求めないでください、べきなのははっきりして、全体の早口言葉は始まってから結局はのまで(へ)音量の高低ができるだけまだ変化が要らないことを維持しなければならなくて、引き分けして、まっすぐにして、よく知っていて、初めの練習者は遅くなることができます。このようにして、 特に方言の味の濃厚な者について利益があって、効果的に中国の方言式の日本語の発音を是正して防止することができます。

  中国の早口言葉しばらくの時間以降で練習して、更にいくつか日本語の早口言葉を探して訓練しにくることができて、効果はもっと良くなることができ(ありえ)ます。

  2.漫画の学習法(新聞と雑誌など)

  普通の日本語の教材の出現の言語のすべて避けられないのはより強い書面の用語の味を持って、あまり実用的ではありませんて、学習者の興味をも引き起こしにくくて、一定の程度の上限で学習者の応用をつくりました。そのため、学者から自分を要して探して自分の教材(読み物)に適します。

  普通の人はすべて日本の漫画がとても良いことを知っていて、国内にも大量の漢の訳本があります。もし日本語版の漫画を探し当てることができるならば、日本語学習について、きわめて益があったのです。

  筆者の大学の1,2学年の日時言葉は決してあまりに良くなくて、まったく日本語にも重んじません。大きい2夏休みは北京の旅行する時に行って、海淀区の古い露店の本屋の上で2冊のとても厚い日本語版の漫画の本を見て、すぐにその面白い内容に引きつけられて、買い取った後に3,4を見たことがあって、中のとても多くて分かりやすくて、本当の日本語(私達の教材の中の日本語ではありません)は急速にしっかり覚えて、一部の内容今すべて記憶のはっきりしている(はっきりしていすべての私の学んだことがあった教材を過ぎます)。それによってすぐ日本語の興味および日本語を話す興味を学ぶことがあって、あの両の当漫画の本は私が反対してみてもう1度ひっくり返ります半年が多いことを見て、日本語のレベルも飛ぶように速く昇格させることがあります。

  日本の漫画はので日本の使っている日本語で、本当の日本語で、固定していない日本語です;その上内容は普通はとても面白くて、その中に大量の漢字(漢字のそばが普通は発音を付けることがいます)があって、レベルのあまり高くありません人は同様に当てながら、見ることができます。読み始めて学んでいない苦労、学習の効果よりましです。いわゆるは含ませて笑いますに学んで、つまりこのようでしょう。

  相応して、個人によって好んで、いくつか日本語版の新聞と雑誌などをも探してすこし読んで見ることができて、効果は普通はすべて比較的に良いです。

  3.映画とテレビの学習法

  今国内の多くの日本の映画とテレビの劇があって、普通はすべて日本語の発音の中国語の字幕で、その上たくさんすべて日本の映画とテレビの逸品で、わりに高い称賛の価値があります。多くの人はいずれも観覧する時自然なのは浸って入っていって、夢中になりやすくて、まったく学んでいない感じ、あなたに日本語の興味を学ぶように引き起こすことができて、そして達成して日本語の効果を学びます。もちろん、日本の映画とテレビの劇も多くの種があって、アニメーションのと非アニメーションの、難しいのはと難しくなくて、あなたは自分のレベルおよびによって自由の選択を好むことができます。

  日本の映画とテレビの劇を見てみて、1つには日本の文化を理解して、2つには楽しい心身.それ以外に、あります日本語の使う教育を学んでVCDとコンピュータを使って小皿を使って、普通はすべて日本語の入門する知識で、にせの名教からのわりに多さ。筆者は日本語のクラスを創立する時も採用があって、効果はわりに良いです。しかし市場の皿の切れは玉石混交、選ぶ時要するのは慎重で、できるだけ日本語のが先に少し鑑別して更に使うことをわかります方がよいですから。筆者はかつてひとまとまりの<正統的な日本語の教育>という教育を買えてVCDを使って、中の女性の講師の発音が悪くて人を譲りますまで(へ)目を見張ります(この大概がいわゆる市場経済の産物です)。

  4.カラオケの学習法(歌曲の学習法)

  普通の人はすべていくつか日本の歌曲を知っていて、《北国の春》と《四季の歌》などのようです、それでは高く低く流れるメロディー、優美な歌詞、すべて人を引いて気持ちがはやって、人の声高らかに歌う欲求に。その上要求は高くなくて、かな文字をマスターしたのはできます!資料はまた探すことができて、あなたはすこし試みたくありませんか?

  5.思惟の学習法

  言語は思惟の基礎を行うので、思惟の表現のツールです。いかなる1つの国家の子供は彼の母語を学ぶ時すべて学ぶのがとても良くて、多くの人が国外の学の相応する言語学のに行くのもとても良くて、どうして?客観的な環境が彼に必ずこのような言語を使ってその思惟を表現しなければならないように強制するためです。月日のたつうちに、彼は形成してこの言語で思惟の習慣を行って、達成して応用の中の効果を学びます。普通の人はこのような条件がなくて、筆者もありません。しかし私達も日本語の思惟で自分を強制することができて、月日のたつうちに自分の形成に日本語の思惟の習慣を使うように強制します。

  私個人はこれが言語の学習のピークだと思って、このようにして日本語をあなたの自分の“母語”になることができ(ありえ)ますため、あなたはすぐうまく学べない理由がありません。

  日本語の学習の収穫

  日本語を学んで、中国人にとって、実は優位があったので、それの中が多くの漢字があることをさておいて、たとえその発音ですとしても、多くすべて中国語ともとても似ています。これもその時私がそれを選んだのが2の外の1つの重要な原因なのでしょう。今1年学んで下りてきて、もとの1人の門外漢から、今の初心者級まで(へ)、結論的にこの中にやはり点滴の感銘のがあるようにしましょう。

英語学習が熱い

中国で英語熱が高まっている。13億人の人口がいる中国の英語学習者が英語を母国語とする人の数を上回りそうだ。英 BBCの英語教育番組"Follow me"の正統的なオックスフォード流発音が、中国国内の各家庭に流れ始めたのは20数年前のことだった。現在では、中国大都市に住む若者は誰もが簡単な英語を話すようになった。中国国内のキャンパス各地に登場した「英語角(英語学習者が集まって、英会話を練習するサークル)」から、北京オリンピックの前後に国内で再燃した「皆で英語を学ぼう」ブームに至るまで、全国民の「英語ブーム」はいつの間にか30年も続いている。

中国大学生最高の英語レベルを競う国際イベント「21世紀聯想(レノボ)杯」中国英語スピーチコンテスト決勝大会が10日、上海で開催された。

同大会に出席した中国政協外事委員会の趙啓正・主任は、「現在のグローバル環境において、中国を世界に紹介するには自分に頼らなければならないし、現代化された中国を十分に表現するにも自分に頼らなければならない。世界の共通言語を操ることは、極めて重要なことだ」とコメントした。趙主任はそれに続け、「20年余り前、中国人が英語を学ぶ目的は、海外の先進科学技術を導入することにあった。現在、みんなが英語を学んでいるのは、自分自身と自国を世界に向けてより多く表現するためだ」と指摘した。

英国王室言語学会首席会員のGrahame T. Bilbow氏は、中国での「英語ブーム」について、「中国語を学ぶ人が世界中で増えているのに、中国の人々の英語学習熱は衰えていない。私は多くの中国の若者と接してきたが、彼らの英会話レベルは驚くほど高い」と語る。専門家の中には、「世界中で3千万の外国人が中国語を学んでいる一方で、3億の中国人が英語をかじっている。英語を話す中国人の数が英語母語者の数を上回る日はすぐそこに迫っている」と言いきる人までいる。http://japanese1.china.org.cn/life/txt/2009-04/13/content_17597217.htm

中国人留学希望者で人気の国は?

中国では多くの若者が海外留学をしている中でオーストラリアの良好な語学環境と国際的な教育制度は中国人留学希望者を引き付けています。それと同時に孔子学院のオーストラリアでの設立によって、大勢のオーストラリア人が中国語や中国文化に興味を持つようになってきています。両国間の教育交流がブームになっていることについて、中国のオーストラリア駐在大使館の教育問題担当の王永達参事官が当局記者のインタビューに応じました。

 王参事官は「2008年末のデータによると、オーストラリアには中国人留学生が12万7000人いる。オーストラリアはイギリスを超えて、中国人留学生の2番目の目的地となった。さらに、中国人留学生はオーストラリアにいる外国人留学生の23.4%を占めており、トップとなっている。中国をはじめ多くの外国人の留学はオーストラリアに多くの収入をもたらしている。去年、この分野での収入は150億オーストラリアドルに達した」と紹介しています。

 中国人留学生がオーストラリアに来ることを通じて、地元の人々が中国語あるいは中国文化に触れるチャンスが多くなっています。このことについて、王参事官は「10万人のオーストラリアの人々が中国語を勉強している。この数字はイギリスを上回っている。しかも、この10万人は小中学校の範囲内の統計だ。大学生は含まれていない。毎年中国語コンテストを行っている。1等賞を獲得した人は華僑より中国語が上手だ。ケビン・ラッド首相はオーストラリアで育った方だが、中国語がとても上手だ。オーストラリア人の中国語ブームは続いていくだろうと思う」と語りました。

 その理由について、王参事官は「まず、ここの人々は中国語と中国文化に興味を持っている。それから、多くの人が両国の経済貿易と文化交流の仕事をしたいと思っている。学術研究あるいは政界に入りたい人も同じだ」と分析しています。

 王参事官はさらに「中国にはオーストラリア人が経営している会社が数千社ある。中国語のできるオーストラリア人の派遣が必要となってきた。昔は現地職員が主な仕事を担当していたが、近い将来どんどん変わるだろう」と予測しています。

 オーストラリア人の中国語ブームが起きている中、孔子学院が設立され、発展し続けています。中国は2005年、オーストラリアで孔子学院を数ヶ所設立しました。これらの学校は中国語の教育と中国文化の普及に大きな役割を果たしています。

 王参事官は「孔子学院はこれから地元に人たちが好む、気楽な勉強法を編み出し、テキストの内容や教育方法も改善するよう」求めました。http://japanese.cri.cn/782/2009/03/20/1s137284.htm

 

Links