上海万博の最近のブログ記事

資生堂が上海万博に参加

 中国人に好まれている化粧品会社の一つが資生堂である。日本に観光旅行に来る中国人がお土産に買って帰るほどの人気である。

上海市に本社を置く資生堂の中国法人は30日、2010年に開かれる「上海万博」を記念した香水「シャンハイブーケ」を上海地区で限定発売する、と発表した。

 上海市の花「ハクモクレン(白玉蘭)」の香りをイメージしたオリジナル商品で、容器にはハクモクレンの花びらをデザインしている。30ミリリットル入りで1個150元(約2100円)。上海市内の観光スポットやホテルを中心に、おしゃれに敏感な中国女性や外国からの観光客らに販売する。

 資生堂グループは「上海万博」で化粧品部門のプロジェクトスポンサーを務めている。記念商品の発売以外にも7月から、「美への貢献」「省エネ・健康な生活」をテーマに表彰制度をスタートさせ、来年8月までに合計503人を選出するほか、万博事務局や日本館のスタッフを対象に美容セミナーも行う計画だ。

 さらに、資生堂として日本政府と日本企業が折半で出展する「日本館」への参加も決めたと発表した。中国人の資生堂に対する認知度がますます高まる。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/090630/chn0906302122003-n1.htm

2008年のオリンピックに引き続き2010年に中国で上海万博が開催される。開催に向け準備も着々となされている。上海万博は正式名称「上海国際博覧会」、中国語では「上海世界博覧会」。先進国以外で初めて開催される、総合的な国際博覧会となる。2010年5月1日から10月31日まで。上海世博園で開催される予定で、メインテーマは「より良い都市、より良い生活」。08年4月現在、参加表明国および組織は201に達し、過去最高記録を更新した。内訳は、アフリカ49か国、アジア44か国、欧州41か国、アメリカ大陸(北米・南米)22か国、オセアニア15か国と30の国際組織。入場チケットの販売は開始されている。 

万博のマスコットの名前は「海宝」(ハイバオ)。2万6000件の応募の中から選ばれた、台湾のデザイナー・巫永堅(ウー・ヨンジエン)氏の作品。全体的なデザインは漢字の「人」の字をモチーフとしたもので、胡錦濤政権が掲げるスローガン「以人為本(人間本位)」を体現した。海をイメージしたブルーのカラーは、地球・夢・海・命・未来・科学技術を象徴する。

会場の中国館は2007年12月から着工している。中国国家館、中国地区館、香港マカオ台湾館の3館で構成され、建築面積はそれぞれ2万平方メートル、3万平方メートル、3000平方メートル。中国の社会、経済、文化などについての展示が行われる予定。

テーマ館(主題館)は2007年11月より着工。建築面積は地上8万平方メートル、地下4万平方メートルで、09年後の完成を目指す。総工費は13億元。会期中の1日あたりの入場者数は延べ10~20万人の予定。http://www.recordchina.co.jp/shiten_show.php?gid=136

上海万博に向けて各国の貴賓をお迎えする用意もはじまるであろう。海外観光客がレストラン、ホテル、航空券や通訳翻訳など各種サービスなどを利用し中国経済に協力してくれる。中国のビジネスマンにとっては待ちに待った経済発展のチャンスである。

上海万博チケット発売開始

上海万博個人向けチケットが発売開始

 2010年開催に上海で万博が開かれるのはすでにご存じであろう。個人チケットが7月1日より北京市内の一部郵政局で発売を開始した。1日から北京市郵政局で発売されるチケット総数は、指定日普通チケット8250枚を含む一万5千枚。価格は一枚200元(約2800円)。チケットは2種類ある。上海万博の規定により、平日普通チケットを持つ人は特定指定日以外のどの日にも観覧が出来る。そして指定日チケットを持つ人は指定日及び指定日以外のどの日の観覧も可能になる。チケットが発売されすでに購入者が現れたということは航空チケット、ホテル予約手配、旅行グッズなどの準備が徐々に始まるということだ。チケット発売が皮切りとなり上海万博開催に向けて盛り上がりを見せるであろう。http://bitex-cn.com/teaching_materials/126/show09070701.html

Links