中国の風物に変化、自転車から車へ

 中国の車社会が空前の発展を遂げている。以前の私が中国に対するイメージは膨大な数の自転車が広い道を埋め尽くすというものだった。今ではその様子が一変した。

以下はビッテクス中国語の時事ニュースから

bitex-cn.com/teaching.../126/show09081801.html

7月27日から8月6日の間に、北京市では自動車が実質一万8千台増加し、11日間で、一日平均1600台以上の自動車が

増えたことになる。8月6日までの北京市の自動車台数は378万3千台、ドライバーは546万9千人にまで達している。今年

7ヶ月間で北京市の自動車は26万1千台増加し、中でも個人の所有車が25万1千台増と、増加数全体の96.5パーセントを

占める。減税処置、エコ、ガソリン節約などの理由から、排気量1600cc以下の小型自動車が新たに20万台近く増えている

。25歳以下のドライバーは全体の11.3パーセントを占め、中でも女性ドライバー数の増加速度が著しい。

 

13億人の人口を有する中国。このまま増え続けるとどうなるのだろう。環境問題や自動車事故の多発も懸念される。

 

Links