一人っ子政策で保険加入者増加

 
 
 今年に入って、もらう名刺の中で保険業の営業マンが急増している。さらに、名前の聞かない保険会社もコロコロ増えている。特に今は中国の一人っ子政策により保険加入者が急増中である。 その背景がわかるニュースを紹介します。

 
政府の推進による、非強制性の商業保険「上海市一人っ子保険計画」が9日、全面的に始動した。

 中国では 1970年代末から計画出産政策が全面的に推進された。中国の都市部では通常、夫婦1組につき子供を1人しか産むことができない。上海では早くも1950 年代から、計画出産政策が推進されており、すでに50年以上になる。一人っ子家庭は現在では、中国各都市における、主な一般家庭の構造図となっている。上海では、「一人っ子」を証明する手帳「独生子女証」を受領した家庭はすでに70万世帯にのぼる。

 専門家は「これはハイリスクな家庭構造図だ」と述べる。1人しかいない子女に万一のことがあれば、他の家族に、精神的にも経済的にも大きな打撃があるのは目に見えている。専門家によると、一人っ子保険計画の推進は、有効な家庭保障制度を構築することを目的としたもので、一人っ子政策による家庭への万一のリスクを減少する。





 「人民網日本語版」ttp://j.people.com.cn/94475/94700/6497030.html
Links