日本の法務省が《中国人移民》などの法律の修正案

知ることを申し込むべきで、すでに長い日本の法務省が《国の管理と難民に出入りして法を認定します》などの法律の修正案ついにに関して5月19日に開催している国会の審議に提出することを下準備しますと《日本の新しい華僑が申し込みます》によって報道しています。現在、記者はこの法律の修正草案の基本的な内容を獲得します。

この法律の修正案は共に9つの部分を分けます。第1部分が新しいことを導入して管理制度のふるまいを残していますに関して方面で、修正案はその改正の目的が外国人に対して公正なことを行って管理を残しているのなことを指摘して、日本の法務大臣は創立して持続的に情報の制度をとらえる必要があると思って、合法的なことに残す外国人が1種が居住することに提供する上の便利さをあげます。この部分は7項の改正の内容を共有します。具体的にです:1、法務大臣を創立して持続的にとらえて外国人の情報の制度に居住する必要があります。このために、法務大臣は外国人を残していることに対して発給してカードを残して、上が外国人の基本的な身分を記載します、資格を残しています、期限などを残しています。 2、外国人が日本に入った後に、規定の一定の期限内で居住地の政府を通じて(通って)法務大臣に残して申請を押さえることを出します。3、資格を残して押さえます上の内容(たとえば資格を残しています、つを受け入れます、身分の関係など)が変化がある時、その更新の状況を法務大臣に必ず提出しなければなりません。4、法務大臣は外国人の機関を受け入れてこの外国人の情報に関係することを提供します求めます。5、外国人の関連情況をとらえるため、必要の時法務大臣は権力(権利)があって出す事項調査を行います。6、偽りの住所を出す者について、および配偶者者の身分連続して3ヶ月以上の配偶者者の義務を尽くしていない人として、それを取り消して資格を残すことができます。7、偽造することに対してカードの人員を残して処罰しますかます強制することを行って送還します。それ以外に、今後まだ増大して不法ですに対して活動の処罰程度に働かなければなりません。

この修正案は、合法的な居留する外国人に便利さを提供しますとまた出しています。その具体的な措置は:1、期限の上限を残して5年まであげます。2、延長して国の有効な許可された期限にもう1度はいます同時に、有効な旅券を持っておよびカードの外国人を残して、原則的に審査して何度も日本が出入りすることができる必要がありません。

外国人の研修生の制度を改正しますに関して方面で、この修正案の出す目的は:現在に対して外国人の研修生、技能の実習生を実質性の低賃金の労働者にして使って、およびいくつかの適切ではありません接収の増加している状況、外国人の研修生と技能の実習生に対して新しい保護性ふるまいを実施します。その主要な内容はあります:1、日本で実務の研修する外国人に従事して、日本の労働関係の法令の保護の対象にで、それは資格を残して新しく“研修することに働きます”に設定します。2、今後、外国人に対して研修して熟練している技の有能な人を獲得することを通して、“技能の実習”のに資格を残していることを提供します。3は事実に背きますについて、偽りの在職する証明書を作っておよび外国人の研修生に日本の極めて悪い媒介組織に入るように助けて、今後懲罰の措置をとります。

実施しますに関して一元化の管理に留学して入学する方面に、この修正案は外国人留学生に安定したことに環境を残していることを提供することを出して、今後もう留学して入学したことを区分して資格を残しなくて、統一的に“留学”のため資格を残しています。

注意する必要があったのは、この修正草案は特に国者の収容所のなどの正常な運営に入るため“を出して、設けて国者の収容所などの視察委員会に入ります。”アナリストは、これは明らかに日本各地が国の管理局に入ってと施設を収容して“日光の管理”、に不足して度々人権を侵害する事が発生します関係がありますと指摘しています。

華人の法律の専門家は指摘しています:全体的に見て、今度の日本《管法に入ります》の修正案の内容、日中にあります国民に対して有利です。それは具体的に表現してあります:第1、外国人のが期限の上限を残していることを3年から5年にあげて、手続きの簡略化に利益があります;第2、外国人を統一的に“研修することに働きます”のビザのため実習生のビザに研修して、研修生が日本の働く法律の保護を獲得することに利益があって、報酬を受け取ってもう1年目に分けて手当、第2、3の年を持って給料を持ちなくて、経済の収益は増加があることができ(ありえ)ます;第3、“入学します”、“留学”のビザは統一的に“留学のため ”ビザ、実際には1種の差別を取り消しました。第4、設けて国者の収容所などの視察委員会に入って、人権を侵害する事例の発生を減らすことに利益があります。同時、以前の外国人を取り消して証明を登録して、外国人を発給してカードを残していることに変えて、管理の上からいくつか更に厳格になったことと感じるかもしれなくて、しかし国際社会のテロを撲滅する情勢が依然として厳しくておよび全体の社会の安全を促進することを考慮に入れるのだでさえすれ(あれ)ば、理解して受け入れることができるのです。(蒋豊)

Links