中国は発展途上国なのか?真実の中国語の苦しみ

甘粛省永靖県の陳の家の溝村、村民に日常の水を使う井戸を提供します

中国は発展途上国ではありません――これは北京を見たことがあるオリンピックの開幕式の後で多くの外国人共通の感銘です。多くの外国の友達は中国の旅行に着いて、発達している首都を見たことがあった後で、中国の発展途上国の身分を質疑することをも始めます。このような時、私は通常いずれも彼らと言います:“どの方向に関わらずへ、100キロメートル運転していって下さい、そこに更に真実な中国がです。”

去年6月から“気候の変化と貧困”のこのプロジェクトを準備して、時新年を祝って、《気候の変化と貧困――中国の訴訟の実例は》の報告を研究してついに近日発表しています。して最初に気候の変化の角度から中国の貧しい問題の研究をじっくり見て、数名の専門家の専念して働くことを通っておよび緑色の平和が三つの地方の実際の調査に転戦して、ついに悟りの果を得ます。回想の報告するつもりな経過、実地調査は比較的に大変ですが、しかし依然として最も回想する部分に値するのです。

私達の第1の立っていったのは甘粛で、1つの悲鳴を上げる水村の地方は止まって下りてきました。村に入ってと何人(か)の老人がスペースの上でひなたぼっこをしますかを見て、同業の現地の先生はその中の1位の老人の家に行って見てみることを望んで、老人は3回立ち上がることを試みて、すべて失敗して、現地の塩類化作用の深刻な井戸水は彼に深刻な高血圧と心臓病をわずらわせて、しかし貧困のため、彼は病院に十分な状況がなくていって治療します。私達は老人を支え助け始めて、ふらふらする彼の家へは歩きます。土壌の積む家は崩壊寸前で、中へ歩いて、オンドルの上で坐っている年70近くの連れ合いはと2ヶ月のひ孫にならないで、典型的な“996138部隊”。この名詞はやはり貧困扶助の領域の友達の口の中から耳にして、つまり家庭の生活条件を改善するため、青年壮年の男性外出する就労、家の残ったのはすべて古い(“99重陽節”)の少しの婦人と子供(38/61“3月8日の国際婦人デー”の“61国際児童デー”)です。


甘粛省会寧県の苦い水村、王維新の家の青年壮年のためアルバイトに行って、家の中はただ老人とちょうど生まれる曾孫だけが残ります

老人と話しかけ始めて知って、彼と連れ合いの体はすべてよくなくて、彼はいやいやながらさらに通行して、連れ合いはすでに床につく長年です、銭医治がないため、家にいて曾孫を見ることしかできません。家のは10数(何)歳の孫娘に頼って(寄りかかって)しにきて、孫娘も外から帰って来ましたと言っています。体の健康な問題を聞くおよび時、老人は私達を村の中の唯一の飲む水源に連れて(持って)きてつきあいます――1つの粗末な井戸のそば。

老人の孫娘はそばの水桶を提げ始めて、轆轤を使って1杯の水を打って上がってきます。濁った水上は木の葉などの雑用に漂って、同業の先生は水桶を指していて言います:“この水は苦くて渋くて、苦い水村の名前はここから来なければならなくて、この水を飲んで、病気にならないのはそれこそおかしいです。”私が結局この水を味わってみるのが結局どんな味で、1すくい手を伸ばして、あの味、苦しみ、渋いですあります少しの泥臭さ、“注意して、地元以外の人はこの水を飲んでしかし下痢をします……”先生の一部の心配のとは私は言います。頭をもたげて水を汲む女の子を見てみて、道を尋ねます:“あなた達はふだんこの水を飲みますか?”“え。”更に更に多くの回答がなくて、10歳余りの彼女は家庭の経済の条件がよくないため、学校へ行ったことがあることがなくて、茫然(漠然)とした目つきは揺れて安定しないで、私達の眼光と向かい合います勇気がないようで、またどこを見ていますかが分かりません。

Links