2.中国人留学生の就職事情。就職に有利な条件。

去年の夏に私も日本の野村証券で実習することを始めて、1回りを実習して、会社の私に対する感触が良いこと、去年12月末まで会社の方面は私に電話をかけることを始めて、私が顔を合わせることを約束します。私は応募する外資会社と同時にもずっと彼らと連絡しています。

それから野村証券、大和証券SMBC、米国の諮問会社BearingPointは私を要することを決定して、私は野村証券を選びました。

自分の今度の活動を就任した体得したことに言及する時陳が澄んで深くて言います:私は今度が就任して活動する中で中国語ができてとても優位があると感じて、私の面接試験のこれらの会社は普通はすべて北京、上海などで支社を創立したくて、事務所を創立して、特に中国語・日本語のすべてとても流暢な人材を必要とします。

面接試験の時彼らは言います:あなたは日本の文化を理解して、あなたが日本の時間で長いため、あなたは私達の会社に着いて、私達の企業文化をも理解して、あなたはまた中国の事を理解して、このような人材は私達はとても必要とします。

陳が澄んで深くて言います:専門の知識をさらに加える言語、文化の理解があって、仕事に探すことができるべきです。

普通は、陳の澄んで深いこのような華人の東大のようで生んで、すべて熟練して日本語、英語と中国語の3種類の言語を掌握することができて、就任して活動する中でもすべて就任する氷河の期限中で氷に破れて抜きんでることができて、比較的に理想的な仕事を探し当てます。

東の憲法の学部の1名の4学年の学生、母は台湾人で、父は日本人です。彼は台湾生まれです、また両親と一緒に米国に行って、後何度も日本は試験して東大に入ります。彼の日本語、英語と中国語はすべてとても流暢で、今年順調に大和証券SMBCに入って、ドイツの1家の会社も接収の彼を決定します。

法律学部4学年はあります1名の上海から来る林は学生といって、陳が澄んで深いように、小学校の時両親に従って日本に来て、日本で成長して、今年も順調に試験して三菱商事に入ります。

陳が澄んで深くて言います:もし英文と日本語だけが良いならば、就任してもとても順調ですだとは限らないことができ(ありえ)て、もし1名の日本の学生を知るならば、米国で成長して、英語はとても流暢で、日本語、彼は10のいくつ(か)の会社の面接試験に参加して、しかし今なおまだ仕事を探し当てていません。

Links