1.在日中国人留学生の就職事情。今有利な就職条件は?


所:中国のニュースネット

日本《中文導報》の報道によると、いくつかは小さいときから両親の将来について行って、日本が受け入れる中で、小学校と大学の教育の華人の“小さい留学生”、多く試験して東京大学に入ることがいて、彼らは今年の就任して活動すること中でも“に出会います 堅氷”,しかし彼らもっとくじく愈堅、十分に自分を発揮して3種類の言語と中日両国の文化に精通して、また専門の特徴があって、最後に多く就任して活動する中で勝ちだして、比較的に理想的な仕事を探し当てました。

陳が澄んで深いのは東京大学の経済の学部が学科の4学年の学生を経営するので、彼の父の1991年将来、かつて長野の1家の貿易会社で働きました。陳が澄んで深くて1996年に彼の母と一緒に日本に来て、それから彼は試験して長野県の最も良い高校□□県立長野高校に入ります。彼の学習成績ずっと前に10名ぐらい、英語はとても際立って、学校の中でずっと第1位で、彼が2006年に入ることを試験するのは東大の文系の3種類です。

就任して活動することに言及する時陳が澄んで深くて《中文導報》記者に対して言います:始まる時就任するのがたやすいと感じて、学校の中の先人が往年の就任して活動すること中ですべてとても楽に自分の理想的な仕事を探し当てたため、去年彼らの中に、2月に働いて決めて下りてきたたくさんの人の年初での1があります。その上彼らの先生は経済の学部の学ぶ部長で、企業界で声望が高くて、そのため彼は行うことを始めて就任して活動します時自信を満たしました。しかし去年6月から就任して活動した後に、一連の挫折を被りました。

陳が澄んで深くて言います:私は外資の金融会社に行きたいです。東大の学生は外資会社のとても多いことに行きたくて、外資会社の給料は良くて、また日がない当公司のそんなに厳格な上級と下級の関係。

私は去年6月から就任したの活動で、夏から各会社で実習を行って、面接試験にも参加します。しかし米国の雷曼の兄弟の破産・失敗する騒ぎの(以)後で、外資の金融会社の人(人材)を招く数量は急に減らして、特に私の行きたい市場の部門、要する人はとても少ない。去年私達の研究室の卒業生は10の何人かの人がいて、その中の5、6は個人はすべて世界の有名な投資銀行のゴールドマン・サックスグループに入りました。去年彼らは50人を要して、今年やっと2人を要します。私の米国の専門の投資銀行に行きたいモルガンとスタンレー、しかし要人はとても少ない。それから私は行きました UBS(ヨーロッパの最大の金融の持株グループ、スイスは共同で銀行グループです)、私は夏季からこの会社で実習して、冬正式に人(人材)を招く時私はまた正式に応募して、多くの関所試験して、最後に4人に残って、もしも往年なら、この4人はいずれも要して、今年一人で2人に着くのでさえすれ(あれ)ば。私の行きたい部門は株式市場の部門で、日本支社の調査の部門は私が要ると言って、しかし2週間を待った後に私に返事を出して、スイスの本部が今年人がいることができないと言うと言います。私はまたフランスのパリ銀行(BNP)に行って面接試験に行って、合わせて全部で6軒の外資の金融の企業に行って、面接試験はのUBSとJPモルガンとBNPを通じて(通って)、実習期間に最後に私のを採用するのがUBSなことに賛成して、しかし最後にすべて金融危機が確定していないためです。



Links