1.中国人が紹介した天皇の夫婦関係

 日本の天皇の夫妻と伝統
《環球》

日本の天皇の夫妻

日本の天皇の夫妻は毎年いずれもいくつか専門家の学者に皇宮の中で講座と座談を行うように招待します。2007年2月26日、私の親しい友人の青木は教授に参加して“アジアの文化の相互理解”を題の特別講座にすることを招くことを得るように守って、そして命令を受けて更に2人の専門家の学者にいっしょに交流を行うように推薦します。青木を得て教授の推薦の私を守りますここから一回日本の天皇の夫妻と向かい合う交流の機会を得ました。

天皇の夫妻のが話の内容を閉じることに関連しますについて、その他の国家の決まりと同じに、一定の秘密の期限があります。2年後で、この談話ついに“解禁します”。

クイーンの美しいチリ子

中国と関係があるストーリ

講座の当日、クイーンはまた風邪で熱が出て、しかし天皇の夫妻はずっとすべて興味津々で専門家の学者達と行って深く突っ込んで話し合います。もとは計画する交流の時間は18時30分から21時30分までで、しかし21時30分に宮の奥の広間の関係者が扉をたたきに来ます時、クイーンはなどつをたたく者は話をしていないで、更に私達にたとえお茶を交換してもらいますとしても、このような方式で話し合いの日時を延長し続けて、22時の頃まで従業員が再度扉をたたきにくる時、交流はやっと正式に終わります。

専門家の学者達と天皇の夫妻は1枚の小さい食卓の前に囲んで座って、一方で夕食を共にして、一方で交流を行います。その夜食卓の辺が1位の中国人がいたことを見たのだかも知れなくて、天皇はまず彼の2人の息子が大学で中国語を学ぶことに言及して、その上雲南に行ったことがあって、長いことを理解して鳴いてニワトリ、大学の論文はニワトリと人の生活の関係と民俗です。聞くところによるとある古代の日本、ニワトリを飼うのは食用ためそうではなくて、聞くためにその鳴いてなくので、それの美しい羽を鑑賞します。

クイーンは、彼女の小さい時学の教科書の中に多くの漢詩と漢字で書かれた文章があって、また1首の歌を覚えていて、中国の国土を言うのはそのようなが豊かで、中国人の心はそんなに広くて、そして歌詞をすべて一回暗唱しましたと言います。彼女はまた日本の名著《万葉集》の中で最もいくらでもあるクラブとオギを描写することを講じて、中国の文化の影響を受けたためクラブを描写します。西暦紀元の10世紀の日本の平安の朝鮮後でがから、日本人は始まって多く桜を描写して、今の日本人は“花”を言って、多く桜をも指して、しかし《万葉集》の発表される奈良で時代、つまり西暦紀元の10世紀間、日本人は“花”に話及んで、よくクラブです。

天皇は、日本皇宮の中にすべて中国と関係がある多くの儀式があって、例えば鳳凰の形をした冠、肩掛けなどと引き続いて紹介して言います。過去日本皇宮の中で儀式を行う時、クイーンは鳳凰の形をした冠をつけて、肩掛けを着て、まるで中国のクイーンのは同様に装って、それからこのような習慣まで(へ)やっと次第に変えました。彼の号の“栄”(つまりキリの木)も中国と関係があります。中国と同じに、日本にも伝説があって、鳳凰が桐油の木の上に降りることができ(ありえ)ると思って、吉祥のイタリアを持ちます。

天皇とクイーンの追憶は、彼らは上海、北京と西安に着いたことがあって、今たいへんしのぶことと感じますと言います。クイーンは、西安を訪問して大雁塔まで(へ)見学します時、1人の老人は彼女にとても長い1段の話を言ったことがあって、彼女はその時聞いて分からないで、しかし老人の優しさと情熱と感じることができて、これは1人のとても慈悲深くて優しい老人ですと言います。

Links